表1の話

何事も、というわけではないが、今自分が仕事として取り組んでいることについては、とにもかくにも金を稼がなければ始まらない。

いや、実際金自体は稼げているが、もっともっと雑誌が売れて、利益が出れば大変ありがたい。たくさんの人が雑誌を手にとってくれれば、それだけ多くの人に認められているということであり、もちろんそういう部分でも大変嬉しさは感じるが、何より売上が上がれば給料があがる。そうした側面から見ても、雑誌が売れてくれると大変ありがたい。

何事にも通じることかもしれないが、表紙の良し悪しがその雑誌の売上を大きく左右する、、、気がする。それ以外にも書店でどれだけ平積みで展開されるかという部分も売上に大きく関係してくるが、編集者の立場としては書店員さんが売り場でどのように雑誌を売っていくかという部分まで口を出せないし、口を出すつもりもない(細かく言えば、本のサイズを変形させることで面陳されやすくなる部分はあると思うが、本当に細かい話なので割愛)。

 

ということで、自分たちは金を稼ぐためには、表紙にこだわることが非常に大切だと思っていて、表紙にはこだわりを持っている。ようやく本題に入ってきたところで文章を書くことに飽きたのでまとめるが、こんな表紙を今月、先月とつくってみた

 

《2月号》

f:id:river_boukyaku:20170222231819j:plain

 

《3月号》

f:id:river_boukyaku:20170222231845j:plain

 

 

どちらもシーズンオフということで、オフっぽい写真をテーマに撮影してみたが、それぞれ味わい深い表紙になったのではないかと思っている。特に2月号の表紙については弱冠22歳、未来のスーパースター候補の今、をよりフレッシュに表現できたのではないかと思っている。

 

これらの雑誌がどれだけの売上を叩き出してくれるのか……、出版業界には返品制度があるため数ヶ月後にならないと正確な売上を測定することができない。僕たちが制作している雑誌は非常にニッチで、マニアックなジャンルにもかかわらず、ここ数年開幕の時期は東京の出版社から関連した商品がバンバンと敢行されている。柳の下のドジョウが0匹になるまで釣り上げるかのように、じゃんじゃん出されるので、こちらとしては商売上がったりの部分があるが、それでも長く対象を観測してきたからこそ、表現できるものがありますし、また自分たちが商売を続けてくためにはそういう部分をしっかりと提示していかないといけない。

 

少しは良い表紙ができたはずです。進んでいる方向が間違っていないことを祈り、今後も素晴らしい表紙と、雑誌をつくっていきたいものです。